債務整理は個人で手続きするのは難しい

債務整理は個人で処理するのはとても難しいです。なぜなら、まったくの素人が手続きをしようとすると時間もかかります。借金を早く処理したいと考えている方がほとんどだともいます。債務を早くなくして身辺をすっきりしたいのなら弁護士に相談するべきです。さらに、手続きも面倒で複雑です。これを素人が行うとなると、正確に処理できないかもしれません。過去に自分で債務整理を行おうとして、意にそぐわない結果になった方もいらっしゃいます。


任せとけば自分は待っているだけで大丈夫

過払い金返還請求をする場合、消費者金融やサラ金と自分で交渉しなければなりません。過払い金とは、払いすぎた利息を請求するという意味です。すんなりと、消費者金融やサラ金が利息の返還に応じてくれればいいのですが、最近は返還してくれる会社の方が少ないのが現状です。そうなった場合は訴訟を起こさなければなりません。そんな時も、弁護士さんに依頼していたら手続きを全て処理してくれます。


迷ったら一度相談を

最初の相談料は無料に設定している事務所が多いです。迷っている方はとにかく相談してみたらいかがでしょうか。私個人の意見を言わせていただきますと、かかる費用以上のメリットは得られるかと思います。以上を踏まえてぜひご検討ください。


借り入れ金を減額にしたり、帳消しにしたりしてくれる債務整理。
そう聞けば返済に困っている人はすぐにでも利用したいと思うでしょうが、しかし具体的にどんなことをするのかがなんだか見えにくいですよね。
では、この手段をを用いるとどのような感じで減額したり帳消しにしたりしていくのでしょうか?


債務整理ではまず裁判所とかかわることになる

そもそも「これ以上借り入れ金の返済ができません」という申請をした人すべてが債務整理を行えると言うわけではありません。
ではどのような人ができるのかというと、裁判所で「返済不能」と認められた人だけです。
つまり自分で「債務整理を受ける」と決められるのではなく、法的に認められることが必要になってくるんです。
その上で弁護士などの法のプロのサポートを得て、債務整理をやっていくことになっていきます。
ちなみに弁護士の助けを得るにはある程度の費用がかかってしまいますので知っておいてくださいね。


3つの整理の方法を今のうちに知っておこう

債務整理には主に任意整理、民事再生、自己破産の3つの手段があります。
最初の二つは借り入れ金を減額するという方法で、残りの一つは完全に0円にするという手段です。
実際にどの方法をとるかは弁護士と話し合って決めることになります。
具体的にこれらの方法がどのようなものを説明すると、任意整理は金利なし且つ借金を選んで返済していくことができるというもの、民事再生は5分の1から10分の1くらいまで減額して返していくというもの、自己破産は借り入れ金がなかったことになるというものです。
どれもキャッシングしたお金を返しやすくしてくれるものですので、返済に困ったときは一度弁護士事務所などに相談してみるといいでしょう。

債務整理は借金を減らしてくれたり帳消しにしてくれたりするものです。
それゆえに「返済できなかったら弁護士に頼んで費用払って整理してもらえばいいや・・・・・・」という考えを持った人ももしかしたらいるかもしれません。
しかし、債務整理はそんなに甘いものではありません。
確かにどうしても返済しきれなくなってしまったときの借金に片をつける手段という点では便利なものですが、同時に大きな影響を人生に及ぼすものであると言うことも知っておいてください。
ここを理解しておかないと、あとで危険な目に遭ってしまいますよ。


債務整理がもたらす未来とは

債務整理には借金の額を減らすものと完全に0円にするものとがあります。
前者に任意整理や民事再生というものが含まれるのに対し、後者は自己破産というものが主に含まれます。
それぞれ返済生活に区切りをつけるのにはもってこいのものですが、軽度によってその後の人生への影響が大きく変わってきます。
たとえば任意整理や民事再生を行った場合、キャッシングやクレジットカードの利用がその後5~7年間はできなくなります。
債務整理をやることで、一時的に金融機関からの信用を失ってしまうからです。
これだけでもだいぶ生活が変わってくると思いますが、しかしこれを超えるのが自己破産後の生活です。
では、借金を帳消しにするとどんな感じになるのでしょうか?


自己破産だと財産や家をとられることになるかもしれない

自己破産をすると、借金は0円になりますが、その分キャッシングやクレジットカードが7~10年ほど使えなくなります。
さらにそれだけではなく、ケースによっては住んでいる家や部屋が競売にかけられて最終的にはそこを追い出されることになったり、20万円以上の財産を持っている場合にはそれが没収されたりするというかなり厳しいことが待っているのです。
銀行や消費者金融からキャッシングしたお金を返せなくなってしまうとそれだけ厳しいことになるということを理解しておいてください。